夏から始めるのは遅い!?脱毛サロンへ通う平均的な頻度とは?

脱毛サロンへ1回行けば、ツルツル肌が手に入ると思っていませんか?ほとんどの人がそうはいきません。脱毛サロンへは毛の周期に合わせ、何度も通うことが必要となります。

通う頻度や通っている年齢層、妊娠中の場合の脱毛についてや、英語圏の女性は通えるのか、ちょっと不安な解約についての情報をまとめました。

脱毛サロンに通う頻度はどのくらいか

脱毛サロンに通う頻度の目安としては毛周期があります。これは毛が生えてくる周期のことで、この周期に合わせて施術を行うと効率的です。どういうことかというと、今目に見えて生えている毛がすべてではなく、毛穴の奥で眠っていて見えない毛があるということです。この毛の生え代わりが3ヶ月ごとなので、生えてきたところを光脱毛やレーザーなどで効率よく一気に施術してしまうということなのです。

しかしながら、効率が悪くても見えている毛を常に見えなくしたいと思う女性は多いです。しかし、自分で処理するにしても決して毛抜きで抜いてはいけません。抜いてしまうと先に述べた毛周期がずれてしまい、せっかく施術を受けてもその抜いた毛はいつまでたっても施術対象にならないからです。

脱毛サロンに何度も通うことで毛をなくす施術を受けることも可能ですが正直意味はありませんし、肌への負担も大きくなるうえ、施術のたびに料金が発生するので得策とはいえません。

同じ部位でなければ通う頻度が上がっても問題はありませんので何度も脱毛サロンに通うことが可能ですが、どうせなら通う頻度は少ない方が脱毛にかかる交通費も一回ですむので金銭的にも時間的にも余裕がでてくることになります。

脱毛サロンを賢く比較してみましょう

脱毛サロンを失敗なく利用して気になるむだ毛を綺麗に処理したいのであれば、ぜひランキングサイトや口コミなどをチェックして比較してみましょう。人気のランキングサイトでは、脱毛サロンを実際に体験した方の体験談や効果、店内の様子などを写真付きで知ることができます。また、勧誘や施術の痛さなども詳しく比較しているので、効率よく自分にぴったりの脱毛サロンを選びたい方にはうってつけのサイトと言えるでしょう。

こちらのランキングサイトでは、数多くの脱毛サロンが紹介されているのも特徴のひとつです。また、それぞれの脱毛サロンのアピールポイントも紹介されているので、自分に見合ったところを時間や手間をかけることなく比較することも可能です。途中で挫折することなく脱毛を完了させたいのであれば、施術法や料金はもちろんのこと、アフターフォローや通いやすさなども重視しなければなりません。

駅に近い脱毛サロンであれば、仕事帰りに立ち寄りやすいなどのメリットもありおすすめです。また、予約の取りやすさも重要です。現在、多くのサロンでは、ウェブ上で予約をスムーズに取ることができたりキャンセルすることも可能なので、忙しい方も手軽に脱毛にチャレンジできるのもメリットです。

脱毛サロンの年齢層について

女性はもちろん、仕事を持たれている男性の方も脱毛サロンに通院をしている人が増えています。若い年代の人から、中高年以降の人まで幅広い年代の人が通院をして、希望の部位の脱毛の施術を受けています。脱毛が受けられる年齢は、何歳ぐらいからなのか知りたいという方が多くなっています。思春期になると性ホルモンの分泌が活発化してくるため、むだ毛の悩みを持っている人が増えています。

脱毛サロンによっては、中学生や高校生から脱毛の施術が受けられるお店もありますが、親の同意が必要になります。思春期の人は、大人に比べると毛が太く、毛周期も速いため、思うように脱毛効果がでない場合があります。むだ毛の悩みを持たれている人は、脱毛サロンに通院をしたいという方が多いですが、20歳を超えてから通院をしたほうが高い効果を得ることができます。

脱毛サロンでは、お肌のデリケートな人でも美肌効果の高いフラッシュを照射してむだ毛を処理してくれます。最近は、若い年代の人だけでなく、30代や40代以降の年齢の人も脱毛サロンに通院をしています。脱毛したい部位だけを処理することもできますし、全身のむだ毛の処理も行っているので、自分に合ったコースを選んで下さい。

妊娠中に脱毛サロンに通う事は可能か

赤ちゃんが生まれると毎日が忙しくなりますので、妊娠中に出来る事はしておきたいと思うものです。そこで脱毛サロンで脱毛をしておきたいと思うのであれば、妊娠中には可能なのかという事になります。妊娠中に脱毛サロンで施術を受けても赤ちゃんに影響はないと考えられています。しかし赤ちゃんに影響がなかったとしても、脱毛サロンでは施術を受けないようにした方がいいでしょう。

その理由としては、施術を行うことによって母体がストレスを感じてしまうようになる事が、赤ちゃんへもストレスを与えてしまうことになりかねないからです。そして施術を行う場合には長時間同じ態勢でいるようになりますので、体に負担がかかってしまい妊娠中にはとても苦しくなってしまうのです。

そこまで無理をして脱毛をすることによって、体調が悪くなってしまってもいけません。赤ちゃんがうまれたら忙しくはなるのは間違いありませんので、今のうちに脱毛をしておきたかったとしても無理をして母体に何かあるようでは赤ちゃんも危険にさらされてしまうことになります。赤ちゃんを守るためにも、妊娠中には脱毛サロンには行かないようにし、出産をして生理が再開してから考えるようにした方がいいでしょう。

英語圏の友人を脱毛エステに連れて行ための知識

異文化交流が盛んになってくると、お互いの国の美容に関心が集まることがあります。仲良くなった方が英語圏の方であれば、脱毛エステを推奨してみるのが良いです。ムダ毛の悩みは万国共通なので、最先端の施術を受けてもらうと満足してもらえます。案内する脱毛エステ店を決めるときは、少しばかり注意しなければなりません。

英語を話すことができるスタッフが在籍している脱毛エステ店に案内すると、コミュニケーションが円滑に進みます。脱毛エステを受ける前には、カウンセリングを受ける必要があるからです。日本語しか話せないスタッフでは、カウンセリングに多くの時間割くことになりかねません。そうなっては、英語圏の友人に満足してもらうどころか不満感を抱かれてしまいます。

施術メニューが英語で記されている脱毛エステ店なら、積極的に要望を伝えることが可能です。店内がグローバル化に対応していないお店では、最初から外国の方が来店されることを想定していないことがあります。そんな環境に海外の友人を案内すると、自身も店舗スタッフも言葉の壁で困り果てる事態が発生する可能性が高いです。最低限、メニューが他言語化に対応しているかを調査する必要があります。

脱毛エステの契約 解約の方法

脱毛エステに行き、コースの契約をしたけれど、よく考えたら解約をしたいというときはどうしたらいのでしょう?クーリングオフ制度があり、一定の契約に対しての解約では、条件が揃えばそのまま実行することができます。その条件とは、5万円以上、1か月以上の内容であることで、クーリングオフの申し出が書面契約から8日以内とされています。

もし、この期間が過ぎていたり、5万円以下の場合は適用されないのですが、一応脱毛エステに問い合わせをしてみてください。柔軟な対応をしてくれる場合があります。中途解約は、クーリングオフが出来ない期間である場合ですが、脱毛エステによって対応はいろいろです。契約前のカウンセリングの時に説明をしてくれる場合もありますし、一応確認をされることをおすすめします。

違約金に関しては、法律上上限があります。施術前なら2万円、施術後は2万円か残金の10%となっています。いずれにしても、こちらの不手際(勝手にやめてしまうこと)ですから、違約金の発生はしかたのないことです。もし、やめたいと思っているのなら、クーリングオフを実行される時に行動を起こすこと、その際に、書面にて郵送をすることをおすすめします。できれば、そうならないようカウンセリングの時に、早まった決断をしないことが大切です。

脱毛エステの月額制を利用しよう

脱毛エステはサロンにより施術内容や支払い方法が違いますので、よく比較して選んでいきましょう。脱毛は部分的に行う人もありますが、最近はより低価格化が進んでいることもあり、全身脱毛を希望する人も増えています。全身脱毛を行うとほぼ全身の処理が可能となり、きれいな肌を作ることができます。

脱毛エステの全身脱毛はサロンにより様々なコースが用意されていますので、どの部位が利用できるのか、トータルの費用はどれぐらいなのかよく比較しておきましょう。脱毛エステで一括で支払うのが難しい場合もありますが、サロンのほうでもより支払いを行いやすい工夫がされています。最近は月額制を用意するサロンも増えてきています。

月額制の場合は毎月、同じ金額を支払っていく方法です。初期費用の心配もありませんし、回数制の契約ではありませんので、いつでも好きなときにやめることもできます。月額制であれば高額になりがちな全身脱毛も無理のない範囲で支払っていくことができます。

ローンを利用するという方法もありますが、月額制ならローンの審査も必要ありませんし、余計な利息の支払いもありません。より気軽に脱毛を利用したい場合、まとまった費用を出すのが難しい場合は月額制のあるサロンを選ぶのも良いでしょう。

脱毛サロンに行くときの毛の処理

脱毛サロンで施術を受けるのであれば、ムダ毛の処理はどのようにしておけばいいのでしょうか。施術を受けるのですから、自分では何もせずに行ってもいいものなのかと思ってしまいがちですが、実際にはきちんと毛の処理をしていかなくてはならないのです。

一般的な脱毛サロンの場合、毛の処理をしていなければ施術を受けることが出来なくなってしまいますので、忘れないように自分で処理をしていくようにしましょう。毛の処理の方法としては、かみそりやシェーバーを使って前日までにしておかなくてはなりません。その時には毛抜きなどを使用しないようにしましょう。

なぜ毛抜きを使用してはならないのかというと、施術に影響が出てしまうようになるからです。光脱毛の場合は毛抜きを利用していることによって、効果を得られなくなってしまいます。一本一本頑張って毛抜きで抜いても、施術で効果を得られないのであれば意味がありません。

効果をしっかり得るためにはシェーバーを利用しての処理が必要になります。脱毛サロンによっても差はあるようになりますが、前日までに自分で処理をするというのは主流になっていますので、そのサロンではどのように処理をしていけばいいのか事前に確認しておかなくてはなりません。