知っておきたい!Oラインの脱毛方法や頻度って?

女性なら必ず知っておきたいクリニックでのOラインの脱毛方法や回数、頻度、埋もれ毛の処理や毛抜きを使用するセルフ脱毛のデメリットについての情報をまとめました。脱毛前にぜひ学んでおきましょう。

クリニックでOライン脱毛を行う方法とは

クリニックでOライン脱毛を行う方法は、何も知らない人がイメージすると非常に恥ずかしい姿で行われるのではと心配に思うでしょう。しかし実際にクリニックでOライン脱毛を受けた人の感想を調べてみると、意外と恥ずかしさを感じることなくムダ毛を処理できたというものが目立ちます。

Oラインのムダ毛をしっかりスタッフに見せることが出来るように、まずは着替えて専用のショーツを身につけることから施術は始まります。紙で出来たショーツなどを身に着けるのが一般的です。その後はベッドの上でうつぶせになって横になりますが、四つんばいにならないためさほど恥ずかしさを感じることは少ないでしょう。

脱毛方法は、うつぶせの状態のまま少し紙のショーツをずらして機械を充てて光を照射します。手で押し広げてOラインの粘膜ギリギリまで光を照射してムダ毛を除去していきます。そのときに痛みを感じるような場合は、麻酔クリームなどを使用して痛みを軽減することも可能であるため、肌が弱い人でも比較的安心してクリニックに通うことが出来るでしょう。

女性の新しいエチケットの一つとしてOラインなどのデリケートゾーンのお手入れをする女性達が増えているため、正しい脱毛方法を理解して魅力的なデリケートゾーンを手に入れると良いでしょう。

Oライン脱毛の必要性は考えられます

Oラインと呼ばれる肛門周辺の脱毛は、ケースによっては必要性を感じる人もいます。Oラインはとてもデリケートな部分でもあるため、脱毛方法などは注意が必要です。Oラインのメリットは、水着などを着た時にはみ出さないという身だしなみやファッション面でのメリットと、衛生面のメリットがあります。

具体的なことは、Tバックなどのショーツをはいた時に毛がはみ出さない、検診や診察などを受診する際恥ずかしくない、毛に経血やおりものや排泄物が付着せずに衛生的、蒸れやかゆみが軽減することなどです。Oラインは特に粘膜付近の脱毛となるため、クリニックで医療用レーザーを使用した脱毛が最適です。

医療用レーザーはコスト的に受けることができない場合は、エステでの光脱毛などを受けることになりますが、アフターケアを考えると医療関係での施術が安心です。デリケートな部分であるため、痛みも感じやすくなります。塗るタイプの麻酔があるため、痛みに弱い場合は施術する前に相談して下さい。

Oラインの自己処理に関しては、自分からは見えにくい場所でもあり処理が難しく、デリケートな部分でもありトラブルになりやすいため、プロに任せることが良い選択です。また処理後は普段よりも清潔に保つことが大切です。トイレットペーパーなどで強くこすって刺激を与えることを避けて、可能であれば温水洗浄便座を使用して優しく洗浄することが必要です。

Oライン脱毛の頻度について

Oライン脱毛は、VIOライン脱毛とセットで行なう場合が多くあります。VラインとIラインを行なうと、Oラインも気になってくるという方が多くいるからです。施術は、基本的にベッドにうつぶせになって行ないます。光脱毛の場合は、まぶしくないように、上半身から頭までタオルをかけます。紙ショーツを用意しているところもあり、ショーツをずらしてシェービングを行ないます。ジェルを塗り、粘膜を避けて照射していきます。

Oライン脱毛の頻度は、毛の周期に合わせて2ヶ月から3ヶ月に一度行なうのが基本です。生理時には施術ができないため、完了までの期間には個人差が生じますが、一般的に、12回ほどで自己処理が楽になってきます。そして、18回から20回ほどでつるつるのお肌になることができます。

VIOラインは、毛が太く、濃い場合が多いため、腕や足などと比べると回数がかかる場合がありますが、Vラインは自由にデザインできるなど、希望にそった施術も可能な部位となっています。

効果は、4回目くらいから実感できる場合が多いのが通常となっています。粘膜は基本的に脱毛できませんが、医療機関などのレーザーを使用した施術では、毛やお肌の状態によっては、照射を行なっているところもあります。クリニックに通う頻度は、光と同様に、毛の周期に合わせて通うことになっています。

自己処理が難しいOラインの埋もれ毛を専門店で脱毛

目に見えない物事ほど対処が難しいという感覚は、Oラインの埋もれ毛にも該当します。両足や顔などの鏡を使わずに目視ができる部分は、個人でも簡単に脱毛処理ができるからです。Oラインの埋もれ毛を自己処理で脱毛しようと考えたら、不用意に粘膜を刃物で傷付ける恐れがあります。それどころか、Oラインに元々存在していた埋もれ毛を増やしてしまう場合はしばしばです。

プロ級の脱毛の腕前を持っている方もいらっしゃるでしょうが、Oラインの処理は専門店に一任すると安全です。確実に滅菌処理が施された脱毛器具を使い、粘膜を傷付けないように手早く処理してもらえます。教育の行き届いたスタッフが施術をすれば、自己処理でありがちなやっつけ仕事になる結果を防ぐことが可能です。埋もれ毛も気にならないように工夫をして処理されるため、Oラインに感じる不快感も軽減できます。

専門店が機械的に脱毛処理をするかと言えば、そのようなことはOラインを含めてありません。利用者ごとの悩みをカウンセリングしてから、一人一人の肌毛質に最適な施術が開始されるからです。スタッフの独断で処理を敢行されることはありませんので、誰もが安心してデリケートな部分のムダ毛を処理できます。

Oライン脱毛は無制限のコースがお勧めな理由

肛門周りのOラインの脱毛に関しては、無制限コースがお勧めです。デリケートゾーンは、自分で行うには抵抗がありますし、うまくいかないことが多いです。特にIラインとOラインに関しては、エステなどで行う事で、キレイに仕上げることができます。

その上、なぜ無制限が良いか?というと、普通の部位と違って、太い毛がすぐに生えることが挙げられます。例えば、6回コースなどで終わったあとに、まだ気になる発毛があることで、わざわざ料金を払って施術したり、諦める選択はしたくないものです。ある程度キレイになれば良いと思って施術を始めたとしても、途中からは欲が出ます。

そして、Oラインの発毛は案外としつこく、忘れた頃に発毛するという特徴があります。徹底的に脱毛したいということになれば、VIO脱毛に関しては、無制限がベストです。たとえ多少料金が高いとしても、心置きなく通えるのなら、結果的にはお得です。

恥ずかしさに関しては、回数を重ねるごとに気にならなくなると言われています。コースでは、6回のものが多いですが、これでは納得の行く脱毛はではない方が多いとされています。余計な料金、追加などがあるのであれば、最初からキレイになるまで施術を受けることをお勧めします。

Oラインを毛抜きで脱毛するデメリット

Oライン脱毛とは、肛門周辺のムダ毛の処理をすることを言います。Oラインは日常の不快感や下着での蒸れなどで、衛生面があまりよくない場所となります。範囲も小さいのですが、自己処理をすることは危険につながります。毛抜きでOライン脱毛をする場合、危険とされる第一の理由は自分では見ることができないということが挙げられます。

さらに、他の人に手伝ってもらうというのも難しい場所なので、一人で脱毛することになり、無理な姿勢をすることで、思わぬ怪我をしてしまったり、肌の黒ずみの原因ともなってしまいます。毛抜きで処理をして、毛穴が開いたままの状態になったら、衛生面があまりよくない部分なので、ばい菌が入りやすくなってしまいます。

ばい菌が入ることによって、病気になったり膿が出たりといった症状に見舞われる可能性があります。万が一、Oラインを毛抜きで脱毛して、傷口が化膿したり、痛みが出てしまった場合には速やかに病院に行くことが大切です。

適切な処理を受けないと痔になってしまう場合もあり、傷口から感染して肌荒れなどの原因となってしまいます。Oラインは刺激に弱く、粘膜部分に近い、肛門周辺という場所から、感染する危険性はとても大きく、専門の機関でやってもらうことが安全な方法です。

Oラインと脇の脱毛について

脱毛は、初心者の方でも行いやすい部位が脇です。両脇は施術時間も短く、脱毛サロンなどで光を使って行なう方法や、医療機関で行なうレーザーを使用した方法など、どちらも10分ほどで終了します。施術前にシェービングをし、ジェルなどを塗り、光やレーザーを当てます。ジェルを塗った場合は、光やレーザーを当てた後に拭き取り、お肌を冷やします。そしてローションなどを塗ってお肌を沈静化させていきます。

Oラインは、肛門周りをさします。主に、VIOラインというメニューでセットになっている場合が多くあります。肛門周りの無駄毛を処理することで、排泄物がつくのを防ぎ、清潔さを保ったり、生理時などのムレも解消することができます。自己処理が難しい部位のひとつとなっているOラインは、サロンや医療機関で施術を受けることをおすすめします。

デリケートな部位のため、痛みを感じる場合がありますが、レーザー施術を行なっているところでは塗る麻酔などを用意しているところもあります。通い続けることで、しだいに無駄毛は薄く、細くなっていき、最終的には自己処理がいらなくなります。毛の量や質、濃さによって終了までにかかる期間は多少異なります。両脇の脱毛を終えた方も、是非トライしてみてはいかがでしょうか。