2ちゃんで気になった面白い記事などを一挙にお見せ致します!


カテゴリ: その他

1:
活断層近くに被害集中 益城町上空から専門家分析

地震から一夜が明けた15日、震度7を観測した熊本県益城町の上空を朝日新聞社ヘリ「はつどり」で飛んだ。

被害が目立つのは、町役場周辺の住宅街。屋根が崩れ落ち、つぶれた家屋が至る所に見られた。
駐車場や田畑には、所々に地割れがあり、空き地に広げたブルーシートの上に住民が集まっていた。

同乗した杉戸信彦・法政大准教授(変動地形学)によると、被害が目立つ地域は台地上で、地盤は比較的安定しているという。
2キロほど南の山際には、活断層の布田川(ふたがわ)断層帯が走っている。今回の地震はこの断層帯と、その南の日奈久(ひなぐ)断層帯が交わる付近で起きた。

被害が集中する理由について「活断層に近く、局所的に強い揺れが襲ったと考えられる」と話した。

付近の九州自動車道も大きな亀裂が走り、陥没している。側壁が崩れ落ち、止まったままの車もあった。
川沿いの畑には、うっすらと水が浮き上がっており、強い揺れによって起きた液状化現象ではないかと杉戸准教授は指摘する。
益城町の西の熊本市に移動すると、熊本城の天守閣の瓦がはがれ落ち、本丸の土台が崩れて赤茶けた土がむき出しになっていた。

http://www.asahi.com/articles/ASJ4H32R4J4HULBJ00B.html
画像は>>2

続きを読む

熊本被害状況画像まとめ
kDBS1MD
続きを読む
ページトップへ