2ちゃんで気になった面白い記事などを一挙にお見せ致します!


タグ:現在

hisohiso555-img600x450-1446596889kafab68922



1:
c134f6bb



引用元: 元AV女優、長瀬愛さんの現在wwwwwwwwww

続きを読む

1:
no title

引用元: 【画像】島崎遥香さんの現在wwwwwwwwww

続きを読む

1:
女優・小西真奈美が、5月23日にラップ曲で歌手デビューする。
2008年に映画『Sweet Rain 死神の精度』の役名・藤木一恵名義で
主題歌「Sunny Day」(08年3月発売、最高位10位)を発表しているが、
本人名義のリリースは初となる。

デビュー曲は、KREVAが2004年に発売したシングル「トランキライザー」のカバー。
3月から4月にかけ、全編KREVAの楽曲で構成された音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』
でも披露し、KREVAが絶賛したやわらかな美声でデビューする。

小西は「いまだラップの定義がわかっていない私ですが、楽曲に対する想いは、
ファンの皆様と同じくらいあるつもりでいます。“感じるままに歌ってみたらこうなりました。”
という私なりの表現方法を楽しんでいただけたらうれしいです」とコメントしている。

小西は6月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるイベント
『elements night ~sunday night session~』で同曲をライブ初披露。
同イベントにはKREVA、KICK THE CAN CREWらも出演する。

・KREVAのカバー曲で歌手デビューする小西真奈美
no title

・小西真奈美「トランキライザー」のジャケット写真はKREVAが撮り下ろし
no title

・6月26日に東京・日比谷野外大音楽堂で開催されるイベント『elements night ~sunday night session~』
no title

http://www.oricon.co.jp/news/2072045/full/

引用元: 小西真奈美の現在wwwwwwwww

続きを読む

1:
色っぽいお姉さんになった
no title

続きを読む

1:
no title

no title

no title

no title

no title

続きを読む

1:
no title

続きを読む

1:
大好きなゴルフや釣りを通して幅広い世代に佐世保をPRです。佐世保市出身の元プロ野球選手、
城島健司さんが、佐世保観光名誉大使に就任しました。

http://www.ktn.co.jp/news/2016042664477/
no title

no title

続きを読む

1:
フェら旨そう

続きを読む

1:

no title



no title

続きを読む

1:
修二(亀梨)
KAT-TUN解散。ドラマも爆死続きで副業だった野球のお仕事をメインに生計を立てる日々

彰(山P)
NEWS脱退。ひとり勝ちを目論むも失敗。人気低迷で露出も減るさなか後ろ楯だった飯島P更迭でさらに危機的状況

img_0
続きを読む

1:
イケるやん!!!
no title

no title

続きを読む

1:
no title


どうかな?

続きを読む

1:
no title

no title

no title

マイナス金利時代に6億円ゲット! 森下千里さん、資産運用を教えてください

2016.3.30 11:00

スポーツくじ「BIG」を買って、キャリーオーバー時の最高当せん金額6億円(キャリーオーバーなしの場合は、1等最高3億円)を獲得したらどうすればよいのか。
マイナス金利政策の導入以降、貸し出しや住宅ローンなどの金利低下が加速している。フィナンシャルプランナー(FP)2級の資格を持つタレントの森下千里さんにより良い資産運用を聞いた。

「良き妻のような立場で考えるのであれば、国債がお勧めでしょうか。
リスクは取りたくないけれど、少しは増やしたいということで。金利は低いですが銀行に預けるよりは全然いいですし」

聡明な森下さん。女優、グラビアアイドルなどタレントとして第一線で活躍しながらFPの資格を取得。昨年11月には小説「倍以上彼氏」を出版した才媛だ。

やさしく微笑みながら、資産を現金、貯蓄、国債、株、金などに分散するポートフォリオを組むようアドバイス。リスク分散のためだが「食事と一緒でバランスよく投資した方がよいですよ」と分かりやすく説明する。

一番心配していたのは当せん直後の精神状態だった。「いきなり生活レベルが上がってしまう。
快楽は毒です。覚えてしまうと帰れなくなる」と危惧し、「自分の生活は変えないで、脳内にパラレルワールドをつくりそこで投資をしましょう」と提案した。

知人の知人に2億円当たった人がいたが、高級車と家を買って親のローンを肩代わりしたら、あっという間に1億円を切り、今は細々と暮らしているそうだ。
「ローンを肩代わりしても贈与税がかかるんですよ。BIGはせっかく当せん金に税金がかからないのにもったいない」

まずは浮き足立たずに落ち着くことが大切というわけですね。次に何をすればよいのですか? 
「あと何年生きられるのかを考えます。サラリーマンの生涯年収は3億から5億円ですから、例えば20歳なら6億円のうち半分を残せば、何かあっても人並みの暮らしを続けることができます」。
3億円で堅実な生活を、残り3億円で投資したり、贅沢なことをしましょうという考え方だ。

 森下さんなら不動産投資に乗り出すという。確かに低金利の今こそが買い時だという話はよく耳にするが、現金がある設定なのにローンで買うよう勧めてきた。
他人の資本が入ることで自己資本に対する利益率が大きくなるそうだ。

投資家の間では「できることならフルローンで」が常識とか。
素人は「空き部屋になったらどうしよう」などと不安を感じ、一括で購入してしまいがちだが、リスクがあるぶん返りも大きいというわけだ。

不動産投資ローンは自宅を購入するために組む住宅ローンと比較しても審査が厳しいが、高額当せん金が手に入れば、たとえ低年収でも高額な長期ローンを組むことが可能になる。
現金に勝る担保はないわけだ。
そうか!当せん金を元手にすれば、大金持ちにしか許されていない投資の世界に参加することができるのか。わくわくしてきたぞ。

森下さんも「6億円で株とかFXとか震えますね」と目を輝かせる。
「場が荒れそう。仕手作戦とかあるじゃないですか。全然ダメな株にどんどん投資してポーンと跳ね上げて…」。森下さんが止まらない。

目をらんらんとさせながら語りきった後、「まぁ、漫画の世界ですから。素人がやる技じゃない。
当せん金があぶく銭と思う人ならやってみては」と少し寂しそうに笑った。あぁ、よかった。冷静な森下さんに戻ってくれた。それにしても、本当に投資の世界が好きなのだな。

ここで真剣な表情になって「立ち戻ってBIGを買う理由を思い出しましょう。
夢があるから購入したわけですよね。高額当せんしただけでは夢をゲットしたわけじゃないのです。
まずはマイホームなり、夢をかなえましょう」と諭すように語り掛けてきた。
「働いていてもそうじゃないですか。目的をかなえるために仕事をしてたはずなのに、いつの間にか仕事が最終目的になってしまって、結局時間に追われて終わってしまう」。


http://www.sankei.com/smp/life/news/160330/lif1603300001-s.html

続きを読む
ページトップへ